質屋・質流れ品で最大限に得するガイドでタグ「質屋の鑑定能力」が付けられているもの

質流れ品って安心していいの?

基本的に、質屋で扱っている品物に、偽者・コピーの類はないと思って間違いありません。

ただ、高いお金を払う余裕があるのであれば、ブランドの直営ショップで新品を購入するのがベストであることは言うまでもありません。

さて、質流れ品とは、客が持ち込んだ品物に対してお金を貸し、そのまま品物を取り戻しに客が現れなかった場合、預かった品物が質流れとなるシステムですよね。

預かった品物に対してお金を貸すわけですから、本物でなければ融資などできません。買取りに関しても同じです。質屋が偽者を掴まされていたんでは、質屋としての商売は成り立ちません。質屋がしっかりとした鑑定ができるというのは、商売柄、できて当然のことなのです。

ただ、現在はほとんど本物と変わらないレベル、いわゆる「スーパーコピー」というものが存在していることも確かです。それらの品物を、質屋が鑑定で100%排除できるとは言い切れないのも事実かもしれません。

質屋の鑑定力

一方、質屋は日々研究を重ね、鑑定能力の向上に常に努めています。同時に、同業者同士のネットワークをフルに活用し、コピー商品等の徹底的な研究を行い、それらは業者間で共有されています。

「質屋で購入したブランドバックが偽者だった・・・」などというニュースが現代のネット社会を駆け巡るようなことになると、質屋としては大打撃であり、質屋業界全体に影響することになります。他店の話だから蚊帳の外というわけにはいかないんですね。

仮に、何らかのトラブルが万が一あったとしても、質屋商・古物商は自治体の公安委員会への完全な届出制になっています。ネットオークションで個人が無店舗にて販売しているのとは次元が違います。

当然、偽者であれば代金は返還してもらえるでしょう。

役所へ届け、店舗を構えて商売している以上、簡単に売り逃げなど出来ないことは事実です。このような経緯、環境等から、質屋の鑑定能力、及び経営姿勢は十分に信頼できると言えるでしょう。

RSS登録

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Googleに登録
  • はてなRSSに登録
  • ivedoorリーダーに登録
  • エキサイトリーダーに登録

このサイトを購読する

関連ワード(50音順)

お探しの情報は見つかりましたか?
Google

Google マップで地図をチェック

QLOOKアクセス解析