質屋・質流れ品で最大限に得するガイドでタグ「質屋の仕組み」が付けられているもの

質屋への返済期限

質屋への返済期限は3ヶ月とされています。この期間内であれば、いつでも返済し、預けた品物を手元に戻すことができます。

ただし、期限までに借り入れた金額が準備できない場合、質料、つまり利子を支払うことで返済期限を延長することができます。

質屋の利子の計算方法

質屋ではどのような利息の計算方法をとっているのでしょうか。この計算方法をよく理解しておくのは重要です。それぞれの質屋が採用している計算方法によって、どうすれば最も有利になるのかを知ることができるでしょう。

質屋への利子の計算方法は満月計算と暦月計算の2種類があります。

暦月計算とは、暦の月単位がそのまま採用されます。つまり、各月の1日に借り入れた場合が最も有利になる計算方法です。

一方、満月計算とは、借り入れた日を基準にし、そこから1ヶ月、2ヶ月と計算していきます。今月の8日を基準とすると、来月の8日で1ヶ月、再来月の8日で2ヶ月となり、月ごとの同日が採用されます。

いずれにしても、計算方法は安易に自分なりの予想などせず、利用時にしっかりと確認することが大切です。

RSS登録

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Googleに登録
  • はてなRSSに登録
  • ivedoorリーダーに登録
  • エキサイトリーダーに登録

このサイトを購読する

関連ワード(50音順)

お探しの情報は見つかりましたか?
Google

Google マップで地図をチェック

QLOOKアクセス解析