保育所・保育園の選び方ガイドでタグ「認証保育所の役割」が付けられているもの

認証保育所とは

認可・認可外(無認可)という区分は、国の定めた基準によるものですが、認証保育所は東京都が独自に運用している制度です。

いわゆるの認可保育所の設置に関する厳しい基準の下では、大都市圏での設置・実際の運営が難しかったり、他方、サービス面においては、0歳児保育が提供されない保育所があったりと、ライフスタイルが多様化している東京都民の保育に対する要望に、必ずしも対応できていたわけではありませんでした。

そこで東京都は、地価が高く、低年齢児の待機児数の多い都市部独特の事情に沿う形で、国の認可より多少緩和された都独自に設定した基準をもうけ、都と区が補助する形で、認証保育所という制度を運用しています。

原則的に、13時間以上という比較的長めの保育時間を実現しており、0歳から入所することができます。

駅前に設置し、利便性の考慮を基本としたA型と、いわゆる保育室制度から移行されたタイプを主とし、小規模である特徴を最大限生かして家庭的な保育を実践するB型があります。

定員・対象年齢

認証保育所には「A型」と「B型」によってその性格や役割が異なっています。A型は0~5歳の子供が対象で、定員は20~120人となっており、B型は0~2歳の子供が対象で、定員は6~29人となっています。

認証保育所の役割

子供を持つ保護者からのニーズは様々です。特に、大都市圏においては雇用形態、就業時間帯等に関しても非常に多様なパターンが存在しています。

例えば、

残業の割合が多いので、それに対応してもらえれば・・・
駅前など、効率的に送り迎えができれば・・・

などなど、育児・子育てと仕事を両立したいというニーズや必要性などが様々な形で混在しています。

ますます多様化の一途をたどる保育に関する要望の声を汲み、対応できる環境を整えるために、東京都では「認証保育所」制度を創設、独自に運用していくことになったわけです。

利用者である保護者と運営側の施設とが直接契約する形を取り入れ、民間企業等の様々な事業運営者のユニークさや、工夫がダイレクトに発揮されるような全く新しいタイプのの保育園・保育所となっています。

現在は、それぞれが地域のニーズや実情を汲んだ保育サービスが展開され、利用者からも支持されているようです。民間のアイデアや運営手法など、多方面の事業者の熱意が上手に反映された望ましい状態になっています。

費用

保育費の設定に関しては各認証保育所が行っていますが、上限が設定されています。一般的には月額で7~8万円程度といわれています。

RSS登録

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Googleに登録
  • はてなRSSに登録
  • ivedoorリーダーに登録
  • エキサイトリーダーに登録

このサイトを購読する

関連ワード(50音順)

お探しの情報は見つかりましたか?
Google

Googleマップで地図をチェック

QLOOKアクセス解析