保育所・保育園の選び方ガイドでタグ「認可保育時・管外委託」が付けられているもの

待機児童が多いとき

申請前の段階で待機児童の数を知り、完全な満員状態であっても簡単にあきらめないことが大切です。そのような場合は、まず入園申請の窓口で直接相談を持ちかけてみると良いようです。

欠員の見通し、自分の優先順位の状況、管轄エリア内で入所できる保育所があるかなど、考えられる可能性は全てトライするくらいの意気込みで相談してみましょう。

そのような必死さも、実は非常に大切なアピールとなるケースもあるようですよ。

あきらめず申請だけでもしておく方の中には、必要書類とは別に、保育所での保育サービスがどうしても必要である理由について、現在の状況を交えて細かく記載したレターを添えるという手段を取る方もおられるようです。

近隣の自治体にあたってみる

管轄エリア内の保育所が満員で入所できない場合は、仕事先の周辺や通勤途中の施設を利用させてもらう方法もあります。これを管外委託といいます。

申請は自分の管轄の自治体へ行います。そこから、自治体同士で保育サービスを委託する形になるようです。

保育料に関しては、管轄の自治体の基準が適応され、差額は自治体が対応してくれます。これも優先順位をつけられてしまえば、優先度は低い状態といわざるをえませんが、一応あたってみる価値はあると言えます。

勤務先の事業所内保育所を利用する

勤務先に事業所内保育所が併設されていれば、そこを利用するのも良いでしょう。逆に地元の認可保育所より、職場の事業所内保育所の方を率先して利用している方も多いかもしれません。

「事業所内保育所カテゴリー」内でも記載させていただいてますが、無認可ではあっても、サービスの質や内容は認可保育所を凌ぐ施設も存在しますので、一度見学されてみてはいかがでしょうか。

事業所内保育所は、勤務時間に対応したサービスや、送迎時間が短縮できることも去ることながら、最大のメリットは、職場から非常に近い場所に子供を預けているという安心感だという体験談が非常に多いです。勤務先にこのようなサービスがある場合は、大いに活用されるべきでしょう。

認証保育所・認定保育施設、保育ママ等を検討する

同じ無認可保育所でも、各自治体によって設けられた基準をクリアーしている認証保育所や認定の保育施設も検討すべきです。

このようなタイプでは、いわゆる認可保育所のサービス内容や質を超える施設もありますし、逆に、著しくその質が落ちる施設もあるようです。

認可保育所も質のバラつきが存在しますが、それ以上のバラつきがあると想定した上で、情報収集、見学等を行うと良いでしょう。ただ、やはり肝心なのは各施設ごとにしっかりと検証や判断を行うことです。

所詮、認可保育所ではないから・・・というような偏った見方をしていると、せっかくの良い条件が整った施設を見逃してしまう場合もあります。やはり、冷静に見極める姿勢が問われます。

これ以外にも、いわゆる一般の無認可保育施設である託児所やベビーホテルなども良いサービスを提供しているところは存在します。幅広く情報を集めて検証する必要があります。

RSS登録

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Googleに登録
  • はてなRSSに登録
  • ivedoorリーダーに登録
  • エキサイトリーダーに登録

このサイトを購読する

関連ワード(50音順)

お探しの情報は見つかりましたか?
Google

Googleマップで地図をチェック

QLOOKアクセス解析