保育所・保育園の選び方ガイドでタグ「認可保育所とは」が付けられているもの

国が法律で定めた設置基準(施設の大きさ、保育士・職員等の数、給食サービスの設備、防災等のリスク管理、衛生管理等)をパスし、各都道府県知事より認可され保育を行う児童福祉施設のことです。

保育所の施設・設備・人員配置等に関しては、児童福祉法に基づいて運営されています。

定員・対象年齢

認可保育所の定員は20人以上となっています。原則として、認可保育所はその市区町村に在住・在勤・在学の人が利用できます。

認可保育所の役割

保護者が従事している仕事・病気・その他の理由等で、0歳~小学校就学前の乳児・幼児の保育ができない場合に、子どもを預かり保育します。

区市町村が運営する公立保育所と社会福祉法人などが運営する私立の民間保育所がありますが、認可保育所は公費により運営されています。

保育の指針と内容

認可保育所では、健康、安全で情緒の安定した生活を保障し、健全な心身の発達を図ることが目的とされています。食事・睡眠・遊びなどの生活リズムが適切に行なわれて、子ども達に規則正しい生活習慣が身につきます。

体の発達に必要な環境や教材が用意されていて、大切な成長期を過ごす子どもが運動機能を伸ばすのにも最適です。集団生活の中で大勢の仲間たちと関わることにより、規則・マナーを守ることの大切さや、協力しあって物事に取り組むことを経験しながら、おのおのの個性を豊かに育てます。

サービスの内容も延長保育、一時保育など様々なニーズに応えるものも提供されていますが、規定に従って運営されるため、個々のニーズに応えきれない面もあります。

保育時間は原則として11時間。なお、保護者の労働時間、通勤事情などを考慮して時間を延長する延長保育もあります。

費用

大幅な公的資金補助があるため、認可保育所の保育料は比較的安くなっています。金額は、扶養義務者の負担能力に応じ、各市区町村が定めた額を納めることになります。

徴収は各市区町村が行います。実際に納める金額は、子供の年齢、親の収入額によって変わりますが、概ね月額で2~4万円程度であるのが一般的で、扶養義務者の前年度の課税状況が判断の基準になります。実質的な金額については、入所予定の各市区町村へお確かめください。

RSS登録

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Googleに登録
  • はてなRSSに登録
  • ivedoorリーダーに登録
  • エキサイトリーダーに登録

このサイトを購読する

関連ワード(50音順)

お探しの情報は見つかりましたか?
Google

Googleマップで地図をチェック

QLOOKアクセス解析