保育所・保育園の選び方ガイドでタグ「見学・下見の意味」が付けられているもの

入所予定の保育所・保育園は必ず下見・見学を

インターネットにて、第三者機関による各保育所・保育園の評価を見ることもができます。入所希望の施設に関しての評価には、当然目を通しておくべきですが、やはり最終的には実際に下見、見学が欠かせません。

見学に行く場合は事前に連絡することが必要です。ただ、見学の時間帯が重要ですよね。施設側は保育作業をしている最中であり、都合もあると思われますが、お昼寝の時間に見学してもあまり意味がありません。

数回にわたって時間をずらしながら見学を行うことができれば最適ですが、1度で済ませるのであれば、お迎えの時間帯がねらい目のようです。お昼寝から覚め、おやつを食べ終わった子供たちの遊ぶ様子が見れますし、お迎えの保護者から実体験や評判を聞ける可能性が高いからです。

同時に、保育士や園長先生からも話を聞きたいですよね。質問したい内容を事前にリストアップして、有意義な見学にできるよう準備しましょう。

その際、見学を快く受けなかったり、保育の様子を見せたがらないような施設はちょっと注意した方がよいという声も多々あります。

保育に自信があれば何の問題もなく見学させられるでしょうし、逆にアピールの機会でもあるからです。保育所・保育園側の対応も注意して観察してみましょう。

RSS登録

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Googleに登録
  • はてなRSSに登録
  • ivedoorリーダーに登録
  • エキサイトリーダーに登録

このサイトを購読する

関連ワード(50音順)

お探しの情報は見つかりましたか?
Google

Googleマップで地図をチェック

QLOOKアクセス解析