質屋・質流れ品で最大限に得するガイドでタグ「利用者の年齢制限」が付けられているもの

質屋は誰でも利用できる

基本的に、質屋を利用するのに何らかの条件や制限などは存在しません。18歳以上で、国民健康保険証や運転免許証など身分を証明できるものが提示できれば、職業、性別、収入など全く関係なく利用することができます。

ただし、18歳以上であっても高校生は利用できないことになっています(専門学校生、大学生であれば利用できる)。

質屋へ物を預ける、それが担保に

ご自宅や実家のたんすや物置などに眠ったままになっている、あるいは大切に保管してある物を担保として預ければ、質屋の方でいくら融資できるのかを査定してくれます。

査定の範囲内であれば、基本的には金額の制限はありません。ただ、各質屋によって取り扱っている商品には違いがあります。今日訪ねた質屋では取り扱ってくれたが、先週訪ねた質屋では取り扱ってもらえなかった・・・又は、その逆のパターンなど、全ての質屋が全く同じ品物を取り扱うとは限りません。

そのような細かい部分の違いなどはありますが、基本的に、質屋が価値があると判断するものであれば担保として預けることができます。

品物を預け融資を受けると、質札というものが手渡され、手元にて返済期限などを確認できるようになっています。

質屋での手続きはとても簡単

銀行などで融資を受ける際は、正直、非常に煩わしい手続きや調査などを経て、やっと融資を受けることができるか決まるわけですが、質屋の場合は担保を介した融資のやり取りですので、煩わしい手続きなどとは無縁です。

身分を証明できるものと、預ける予定の品物を持参すれば、その場で融資を受けることができます。

質屋へ返済できなくても、取り立てられることはない

金融機関と違い、質屋から借りたお金を期日までに返済できなかったとしても、返済の催促の電話や自宅・職場への訪問を受けたりすることは一切ありません。もちろん、強面の屈強な男達が数人で家に乗り込んできた・・・なんでことは絶対にありません。

質屋から借りたお金を期日までに返済できない場合、質屋は預かった品物を現金化しますので、返済の催促や取立てなどはありえないわけです。返済ができなくても、預けた品物をあきらめれば返済する義務はないということになりますね。

返済はできないが、質屋へ預けた品物もなくすわけにはいかない・・・それならば、とりあえず期日までの利子を支払えば良いでしょう。質屋では、返済期限の延長に対応してくれます。

RSS登録

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Googleに登録
  • はてなRSSに登録
  • ivedoorリーダーに登録
  • エキサイトリーダーに登録

このサイトを購読する

関連ワード(50音順)

お探しの情報は見つかりましたか?
Google

Google マップで地図をチェック

QLOOKアクセス解析