保育所・保育園の選び方ガイドでタグ「保育所費用の納入方法」が付けられているもの

認可保育所の保育所の費用の決定に関して

◆保育所の費用は保育所が公立でも私立でも違いはありません。保育所の費用は、入園申し込み時の提出書類等をもとに、入所時の児童の年齢と保護者の所得税額や住民税の課税状況により算出されます。課税額が確定する時期以前では、仮算定での保育所の費用となります。

◆保育所の費用を算定する際の所得税額は、住宅借入金等特別控除、配当控除、外国税控除等が控除される前の税額で算定します。

◆入園後、年度の途中で児童の年齢が変わっても、保育所の費用は変わりません。

◆世帯構成の変更や所得の修正申告をした場合は、保育所の費用が変わる場合がありますので、必ず届け出てください。

◆金額について、各年度の保育所の費用徴収基準額に関する資料が年度末に告示されます。

◆延長保育を利用する場合は、別途利用料がかかります。利用方法や追加される保育所の費用の詳細については、各実施保育所に直接お問い合わせください。

◆保育所の費用以外の負担金として、保護者会費、絵本代、積立金などが各保育所にて集金される場合があります。

◆保育所の費用が未納の場合は、役所から直接、あるいは保育所を通じて通知されます。

◆保育所の費用の日割り計算は、通常できません。

保育所の費用の納入

  • 納入期限: 4月は25日、その他の月は10日
  • 納入方法: 金融機関、郵便局の口座振替
  • 入園時に、入所承諾書と口座振替開始に関する依頼書等が送付されますので金融機関にて手続きします。郵便局の口座振替を希望する場合は、郵便局に備え付けの書類にて手続きすることになります。

    保育所の費用の見直し

    保育所の費用は、入園申込み時の提出書類により算定されますが、市区町村民税の税額が確定するまでは仮算定の金額となります。通常、税額の確定は毎年6月頃です。

    税額の確定後に照合が行われ、その結果、所得税額や住民税の賦課状況に変更があり保育所の費用が変わる場合は、入園した月に戻り更正となります。

    そらに、その後に所得税額等に変更が生じた場合も、同様に更正となります。保育所の費用に変更があった場合は、あらためて通知され、差額分については、納入、充当、還付等の処理が行われます。

    RSS登録

    • My Yahoo!に追加
    • Add to Googleに登録
    • はてなRSSに登録
    • ivedoorリーダーに登録
    • エキサイトリーダーに登録

    このサイトを購読する

    関連ワード(50音順)

    お探しの情報は見つかりましたか?
    Google

    Googleマップで地図をチェック

    QLOOKアクセス解析