保育所・保育園の選び方ガイドでタグ「保育所給食の現状」が付けられているもの

保育所給食の現状

保育所給食を考えるとき、どうしても現状の食の安全に目が行きます。その現状と言えば、社会全体規模で食に対する不安が広がっているのが事実です。

世界一安全な国家というような言われ方をしてきた日本も、バブル景気とその崩壊、その後の長い景気停滞などにより、すっかり様変わりしてしまったように思えます。

食の安全に関しても全く同様の見解を持つことができます。産地の偽装、ブランドの偽造、賞味期限の偽装、期限切れ食品の乱用など、どうしてここまで地に堕ちたのかと嘆く程、このような状況が日本社会全体にはびこってしまっている印象です。

その様な環境の中、保育所給食は外部の業者への委託が進む傾向にあります。平成10年度より、一定の条件をクリアーしていれば、保育所給食を外部の業者に委託できるようになりました。

個々の施設の保育士と給食関係者とが、一丸となることにより大切に作られてきた保育所給食が、徐々にその性格を変化させようとしています。

さらに今後の流れとして、施設の調理室以外、つまり業者の調理センター等で一律に調理された給食が、保育所に搬入されるだけという方向へ進むと見られています。

保育所給食の外部委託をどう捉えるか

果たして、この保育所給食の外部委託は信頼しても大丈夫なのでしょうか?大切な我が子を預けながら仕事に従事する保護者にとっては、非常に気にかかる要因です。

  • ◆安全な食材が使用されているのか・・・
  • ◆衛生面の管理がしっかりと行き届いた環境で調理されているのか・・・
  • ◆鮮度に問題のない材料がしっかりと利用されているのか・・・
  • ◆そもそも、その業者に納入する食材業者レベルに、乳幼児たちが口にする食材であるという認識があるのか・・・
  • ◆食育という観点からも大事な時期にキメ細やかな対応を受けられるのか・・・

考え出したらキリがない程、いくつも要因が思い浮かびます。

保護者にしてみれば、どっちにしても子供を預けなればならないという状況にあります。保護者が、保育所給食の外部委託に関して、何らかを決定できるわけではありません。

そんな中で、いかに我が子の食の安全を守っていけるのか。このカテゴリーでは、その辺りの問題について考えてみたいと思います。

RSS登録

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Googleに登録
  • はてなRSSに登録
  • ivedoorリーダーに登録
  • エキサイトリーダーに登録

このサイトを購読する

関連ワード(50音順)

お探しの情報は見つかりましたか?
Google

Googleマップで地図をチェック

QLOOKアクセス解析