保育所・保育園の選び方ガイドでタグ「事業所内保育所の利用者」が付けられているもの

事業所内保育所の基礎

事業所内保育所とは、民間企業や団体などの事業主が従業員のために設置しているものであり、職場、又はその近隣に併設されており、通常は、その利用は従業員に限られています。

事業所内保育所のうち、多くが企業や病院により設置されているため、企業内保育所、院内保育所とも呼ばれています。

保護者の仕事時間や病気などの理由により、乳児・幼児を預かり保育サービスを提供する保育所は、大きく分けると、国の基準をクリアーしているしている認可保育所と、それ以外の無認可保育所の2種類があります。

事業所内保育所は、後者の無認可保育所に属します。ただ、無認可保育所とは言え、運営手法や提供している保育内容のなどは、各都道府県や政令指定都市などの自治体が、指導・監督を行っています。

現在、事業所内保育所の総数はゆうに1000を超える状況となっており、その50%を民間企業が占め、40%を医療法人等による設置となっています。

事業所内保育所の利用に至るパターン

事業所内保育所は企業や病院等により設置され、利用者は該当の構成員として属していなければならないため、誰でも利用できるわけではありません。

よって、事業所内保育所の利用に至るバターンはおおまかに2つあると言われています。

1つ目は、出産後に新たな勤務先として就職し、併設の事業所内保育所を活用して仕事に従事していくというケース。このケースは、いわゆる中途入社という形になり、時代を反映しているのか、正社員という雇用形態は少なく、アルバイト等の時間給労働の場合が多いようです。

2つ目は産休や育児休暇に入る以前から勤務していて、休暇を終え、施設を利用しながら元の職場に復帰するというケースです。このケースは、もともと正社員として勤務していた場合がほとんどであり、復帰後も同じく正社員として就業しています。

RSS登録

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Googleに登録
  • はてなRSSに登録
  • ivedoorリーダーに登録
  • エキサイトリーダーに登録

このサイトを購読する

関連ワード(50音順)

お探しの情報は見つかりましたか?
Google

Googleマップで地図をチェック

QLOOKアクセス解析