質屋・質流れ品で最大限に得するガイドでタグ「お取り扱いできません」が付けられているもの

質屋が査定した上で取り扱わない時は、いくつかのケースがあります。

偽者と判断した場合は取り扱わないのは当然ですが、その他にも、買取して現金化するのに厳しい状況であれば取り扱いません。

また、偽者と断定できないがグレーであると判断するケースでも、おそらく取り扱わないでしょう。

ただ、質屋での査定はあくまでも質屋が商売をしていくたものものです。絶対的に本物か偽者かという判断は、メーカーの専門部署のスタッフしかできません。

RSS登録

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Googleに登録
  • はてなRSSに登録
  • ivedoorリーダーに登録
  • エキサイトリーダーに登録

このサイトを購読する

関連ワード(50音順)

お探しの情報は見つかりましたか?
Google

Google マップで地図をチェック

QLOOKアクセス解析